契約に関して


情報収集をして住宅会社を決定した後、プラニングをして総予算を確認。その後仕様を確認したら、いよいよ契約の段階へと移行します。しかし、家の契約とは基本的にどのようなことをするのでしょうか。一般的には請負契約約款の詳しい説明を受け、それに納得をしたことを確認して、契約者と業者の双方が捺印を行います。これで契約が完了です。

この契約とは、双方がその条件で合意したという証明になります。そのため、その後に条件にどうしても納得がいかずにキャンセルという選択を選んでしまうと規定により解約金が必要になります。また、その解約に関しても手続きを踏まなければいけないので非常に手間もかかります。お金も時間も無駄になってしまう可能性があるので、契約に関しては抜けが無いようにしっかりと確認してから捺印をするようにしましょう。

では、契約書を見る時にはどのような点に注目すべきでしょうか。1番の注目ポイントは、やはり価格と仕様でしょう。この時にきちんとおかしな点に気付けるようにするには、常日頃から価格と仕様にはこだわって担当者と打ち合わせをすることが肝心になっています。また、支払い条件がどのようになっているかも確認してください。

Copyright © 一戸建て住宅を購入するために必要なこと, All rights reserved.